田部自動車
車検とは?
☆まず始めに車検について説明します。
自動車を車検証の有効期間満了後(車検切れ後)も引続き使用する場合には、使用者は24ヶ月(自家用乗用車)点検を実施し、最寄りの自動車工場(陸運支局の指定、認証工場)又は陸運支局の自動車検査登録で車検(継続検査)を受けなけばなりません。車検は、有効期間の切れる1カ月前から受けることができます。24ヶ月点検は、車検前後でも良いですが、実施しなければその自動車は使用出来ません。大部分の自動車は使用者自ら実施する場合を除き、国の認証又は指定を受けた工場でないと24ヶ月点検は実施出来ません。分解整備も同じです。
車検とは、本来は車の使用者または、所有者が自らクルマを点検をし、整備をしてから陸運局(検査場)で検査をして、検査に合格した場合に、一定期間その車を使用して良いという許可をもらうものです。 そして、クルマが現状において、外観、安全防止面や公害面で問題がないかをチェックしてもらいます。 車検は、今後、安心して使用していただく為や、クルマのトラブルを予防する為に行うものです。一般的に車検とは、自動車整備工場が使用者または、所有者の皆さんに代わって、車検を受けることを指します。 自動車整備工場は、点検・検査等の結果、必要となった箇所の整備を実施し、安全面、公害面を十分に点検確認したうえで車検を受けます。また、クルマの使用車及び所有者はクルマの「保守管理責任」があるという観点からも、きちんと点検・整備を実施してから車検を受けることが望ましいといえます。
このページのトップへ
☆気をつけよう!結局損な、多くのユーザー車検代行
自動車のユーザーであるお客様は、お車を車検の前後に、法令で定められた点検をする必要があります。この点検は一部の車種を除き、お客様が自らする場合以外は、国の認証又は指定を受けた 工場でしか出来ません。しかし多くのユーザー車検代行業者やガソリンスタンドはこの点検を無資格で行うか、又点検をしたような、又後で行うような書類を作成し、国の施設に持ち込み車検を通しています。このような方法は法令に大きく反するだけでなく、お客様のお車の安全性、経済性から見ても大きく損失です。最終的にお客様に火の粉がかかると考えられます。田部自動車では国の認可を受け、お客様のお車を点検整備し検査を行っています。保障も受けられます。
このページのトップへ
☆自動車の検査は、安全・公害面で国が定める基準に適合しているかどうか一定期間ごとに確認するものであり、次期検査までの安全性等を保証するものではありません。したがって、使用者は、日常点検整備や定期点検整備を確実に実施するとともに、使用状況に応じて適切に保守管理を行う必要があります。定期点検整備の役割と内容定期点検整備は、悲惨な交通事故や自動車から排出される有害ガス、騒音等の公害を防止し「明るい車社会」を築くため、自動車使用者に義務づけられています。クルマも機械である以上、時間の経過や使用に応じて確実にその構造・装置の機能や性能の劣化が進むものです。定期点検整備制度は、クルマの健康状態を維持するために必要な点検項目を定めています。「自分の安全は自分で守る」ために、定期点検整備をしっかりと行いましょう。
このページのトップへ
☆最後に・・・車検と定期点検の違い
検査(車検)は、一定期間毎に、国の検査場において行う検査で、定期点検整備は、クルマの健康状態を定期的にチェックし、必要に応じて整備を行うことです。車検は、あくまでもその時点での車の安全防止面や公害面が基準に適合しているかどうかを、テスターや目視などによって検査するもので、次回の車検までの安全性が保証されるわけではありません。
それに対して、定期点検整備は、車のトラブル防止や性能の維持を図るための予防整備であり、点検の結果、不具合箇所を整備します。その際、部品の摩耗などにより近々不具合になる恐れがある箇所についても、故障が発生する前に整備をして、一定期間の安全性等を担保するものです。
定期点検を行うことにより、クルマの健康を維持し、寿命を延ばすことにもなります。
このページのトップへ

   

© Copyright 2008 田部自動車 〒785-0023高知県須崎市下分乙716-1 URL:http://www.tabejidosha.com/
車検のご予約、お車に関するお問合せは田部自動車へ!TEL:0889-42-8161 FAX:0889-42-8162 メールでのお問合せ